上野クリニックへ行く前に!安心して手術を受ける方法とは!?

上野クリニックへ行くのは、まだ待って下さい。本当に安心して包茎手術を受けられる方法を教えます。

真性包茎とは

包皮をずらしても亀頭がまったく見えない包茎の状態をいいます。

亀頭と包皮が癒着している場合もあり、無理に亀頭を出そうとすると出血などの可能性があります。

また、むりやり剥くとカントン包茎になってしまうこともあり
そうなると早期の診察と治療が必要です。


真性包茎のデメリットとは


包皮の内部に恥垢や精液などが溜まりますが、包皮の入り口が狭く亀頭が露出できないため、うまく洗えないことで不衛生になります。

また包皮が癒着したまま成長すると亀頭の発育不全の可能性もあります。
時には短小や先細りという状態になるかもしれません。

性行為自体には問題がありませんが、うまく行えない場合もあります。

また合併症として、亀頭包皮炎、包皮と亀頭の癒着、不妊症などの危険性が無いわけではありません。


真性包茎に手術は必要か?


絶対に包茎手術が必要というわけではありません。
自分の指で剥くトレーニングをすることで仮性包茎にすることは可能です。

ただし、トレーニングしても仮性包茎にならない場合や痛みが伴う場合は専門医のカウンセリングを受けたほうがいいでしょう。


>>上野クリニックで安心して手術を受ける方法<<

ページ上部に
ライブチャットってなんだ?はコチラ